SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ラジニ★jpニュース

南インド・タミルナドゥ州のスーパースター「ラジニカーント」に関する最新ニュース
★カマル芸能生活50周年イベントでラジニ様がスピーチ
※この情報は2009年のHP休止期間中のものです。
 日付を後ほど訂正します。情報提供/銀月さん



▲カマルハッサン芸能生活50周年イベントに出席したラジニ様(左)

タミル映画界でラジニ様に続く人気を誇るのが
ウラガ・ナーヤガン(=ユニバーサル・ヒーロー)と呼ばれるカマルハッサン。

4歳の時にすでに子役として映画界にデビューしたカマルハッサンは、
年齢はラジニ様より5歳下ですが、仕事としては”先輩”にあたります。
ラジニ様のデビュー作【アプールナ・ラーガンガル】も、
主役はカマルハッサンでした。
現在、タミル映画界では、「演技のカマル・スタイルのラジニ」と呼ばれ、
良き友人・ライバルとして2人は活躍しています。

そのカマルハッサンが「芸能生活50周年」を迎えるにあたり、
このほどヴィジャイTV主催で記念イベントが開催され、ラジニ様も出席。
イベント中、カマルを称えるスピーチを披露して会場を沸かせました▼



ラジニ様はスピーチで、若い時からのカマルとの友情を物語り
「カマルの地位にある人なら、当時の私の役を削ったり
 出演シーンを少なくするように監督に命じることが出来たはずですが、
 カマルは決してそうしようとしませんでした。」と語り、
「私(=カマル)と同じ映画に出演すると
 必然的にあなた(=ラジニ様)には悪役のレッテルが貼られてしまうので、
 あなたがヒーローとしての道を歩むためには、共演はしないほうがいい。」
と、自分のことを思い遣ったアドバイスをしてくれた、
というエピソードを披露しました。

また、ラジニ様の新作【ィエンディラン】は、
本来カマルのために書かれた脚本だったのですが、
紆余曲折を経てラジニ様が演じることになった話を挙げ、
次のように語り、会場を笑わせました。
「そのオファーが来た時、私はシャンカル監督に
”私がこれを演じることになれば、(私にはカマルのような演技力がないので)
脚本を訂正しなければなりません”
 と言ったところ、監督は
”私がそうしないほど(脚本を訂正しないほど)
 愚かだと思っているのですか?”と答えたんです。」

一部の熱狂的なラジニファンからは
「ここまで自分を卑下しなくても・・」という声も一部あったようですが、
ラジニ様の謙虚さ、そして何よりもライバル関係になっても続く
2人の友情の素晴らしさを賞賛する声が大多数で、各メディアも
「この芸能界と言う厳しい競争社会の中で、極めて稀で貴重な友情であり、
 ラジニ様の人間性が覗われる。」
とコメントしています。


▲熱く抱擁するラジニ様とカマル氏。
| 現地(インド)発・一般情報 | 22:08 | - | - | - | - |
★ラジニ様、アミターブ=バッチャン氏と面会

▲抱擁するラジニ様とアミターブ=バッチャン氏。
バッチャン氏は北インド・ヒンディー映画会の大御所で
彼の名を知らないインド人は1人もいません。
ラジニ様ともヒンディー映画で何度か共演。


【ィエンディラン】撮影のため、
年末に北インド・ムンバイを訪れていたラジニ様は、
撮影の合間にアミターブ=バッチャン氏と面会。
その時の様子が、アミターブ=バッチャン氏の公式ブログ
掲載されています。

それによりますと、普段どおりの気取らない服装で
サプライズ的にバッチャン氏の部屋を訪れたラジニ様は、
彼と彼の息子が主演のヒンディー映画【パー】(12月4日公開)
について、主に熱く語ったそうです。


▲【パー】は、実のバッチャン親子が共演していますが
父親が息子役、息子が父親役という超異色映画です。


またブログの中で、バッチャン氏はラジニ様について
「バスの車掌だったのが、今ではタミル中を熱狂させるスーパースター。
 驚くべき才能とカリスマの持ち主。」と賞賛、
今後も2人の友情は揺るぐことはない、と述べています。

新作【ィエンディラン】のヒロイン、アイシュワリヤ=ライは
バッチャン氏の息子の妻、という関係ですので
新作公開に向けより一層、この2人の関係は深まるものと思われます。


▲ラジニ様と新作で共演している元ミスワールド
 アイシュワリヤ・ライは、今ではバッチャン家の一員。
| 現地(インド)発・一般情報 | 10:00 | - | - | - | - |
★ラジニ様、新年の挨拶でファンに感謝

▲ラジニ様直筆の年頭挨拶

【ィエンディラン】の撮影で多忙なラジニ様ですが、
新年を迎えた1月1日、ファンと関係者に向けて
直筆で書かれた書類を公開しました。

そこには、新年の挨拶とともに
自身の60回目の誕生日を祝ってくれたファンや関係者、
特に、その日に社会的奉仕活動を行ったファンの皆さんへの
感謝の気持ちが記されています。

最近は、撮影でタミルの地を離れることも多いラジニ様、
なかなかファンに向けてのメッセージが発信できないため
今回書面での挨拶となったようです。
ファンを大切にするラジニ様の気遣いが感じられます。

年末もムンバイなどへ撮影に出かけていたラジニ様ですが、
新年は一時チェンナイへ戻り、家族と過ごしたと一部メディアは報じています。
また途中バンガロールに立ち寄り、
12月30日にこの世を去ったカンナダ映画のスター・ヴィシュヌワルダン氏の
自宅を訪れた、という情報もあります。

年末年始の多忙の中でも、各方面への気遣いを欠かさないラジニ様、
【ィエンディラン】の公開とともに、
今年も熱烈なファンが増えることは間違いなさそうです。


▲12月30日に死去したカンナダ映画のスター・ヴィシュヌワルダン氏。
【チャンドラムキ】のカンナダ語版【アプタ・ミトラ】のヒーローで
ラジニ様とも【ヴィドゥタライ】などで共演。
| 現地(インド)発・一般情報 | 09:11 | - | - | - | - |
★祝・ラジニ様生誕60周年

                 イラスト提供:あさのさん

2009年12月12日、
ラジニ様はめでたく還暦を迎えました。

現地では数日前から街のあちこちに「お祝いポスター」が貼られ、
衛星テレビやラジオでは、連日にわたって
ラジニスペシャルが放送されています。
また、本日の新聞朝刊各紙には、
ファンからのお祝いメッセージが多数掲載されている他、
映画情報インターネットサイトでも、ラジニ特集ページを開設、
タミルナドゥ州全体が、祝賀ムードに包まれています。


▲朝刊に掲載されているファンからの祝賀広告。
 このような広告が、今朝はたくさん掲載されていました。



▲ファンからの広告に加えて
 携帯電話を使ってラジニ様へのお祝いメッセージを募集する内容もあり、
 朝刊はラジニ様の顔でいっぱい



▲誕生日当日、12日の夕方5時(日本時間午後8時30分)からは
 現地衛星テレビ・サンTVで【パダヤッパ】をスペシャル放映。
 また、SS MusicTVでは、
 連日夜9時30分からラジニスペシャル番組を放送している他、
 RAJ TVVIJAY TVでも
 歌番組やお笑い番組が、ラジニ様にゆかりある内容に変更されて放送。



インディア・グリッツのHPでは、
 ラジニ60・スペシャルムービーを公開中。
 その他サイトでも、ラジニ特集ページ相次いで開設。



▲街中には至るところにラジニ様ポスターが。

タミルナドゥ州内はもちろんですが、
州外にもお祝いムードが広がっています。

▼タミルナドゥ州の北、アーンドラプラデシュ州のニュースでも
 ラジニ様の誕生日をトップで放送

(【パダヤッパ】の歌もテルグ語版です)

▼タミルナドゥ州の西、カルナータカ州では
 オフィス外に従業員が集まりラジニ様誕生日をお祝い


このように、インド全体がラジニ様生誕60周年に歓喜した1日ですが、
ラジニ様本人は、家族とともに静かにこの日を過ごしていると思われます。
毎年、誕生日にラジニ様は特別なことや派手なお祝いはせず、
どこでこの「特別な1日」を過ごすかも明らかにしていません。
「60」という節目の今年も例外ではなく、ラジニ様が家で過ごしているのか、
【ィエンディラン】の撮影スタジオにいるのか、
いろいろな情報は飛び交ってはいますが、定かではありません。
確かなことは、民衆はそういったラジニ様の「シンプルさ」「謙虚さ」に触れ、
一層歓喜している、ということでしょう。


ラジニ様、60歳の誕生日おめでとうござます!
| 現地(インド)発・一般情報 | 23:00 | - | - | - | - |
[休止期間中のラジニ様情報まとめ]
2008年12月から2009年12月まで、約1年にわたって
「ラジニjpニュース」の更新を休止していましたので
その期間のラジニ様の動きを、簡単にまとめて記載しておきます。

まず、ラジニ様最新作【ィエンディラン】ですが
撮影は順調に進んでおり、海外ロケやインド国内の他州でのロケを終えた後、
現在は主にチェンナイでの撮影が行われています。
先日も、チェンナイで建設中の高速道路の完成高架部分を使って
カーチェイスの場面が撮影され、ラジニ様を一目見ようと群集が殺到、
付近の道路が大渋滞となったようです。
シャンカール監督はじめ、撮影スタッフの情報ガードは堅く、
ストーリーはもちろん、スチール写真も一切公開されておらず、
1年前と比べても新しい情報はほとんどありません。
現在のところ、公開は2010年4月(タミル新年)が予定されており、
その1ヶ月ほど前に、ARラフマーン作曲のオーディオCDが発売される見込みです。


▲【ィエンディラン】は、サン・ピクチャーズとアインガラン社配給で
 来年ポンガルにも公開予定。
 ヒロインは元ミスワールド、アイシュワリヤ・ライ。


ラジニ様の長女、サウンダリヤ・ラジニカーントが監督・総指揮を務める
CGラジニ様主演・3Dアニメ映画【スルタン ザ・ウォリヤー】は
完成・公開が遅れており、現在の情報では
【ィエンディラン】の後、2010年半ばの公開が有力です。
遅れの原因については、以下の3点が挙げられています。

・サウンダリヤの会社「オーチャー・スタジオ」に、
 ハリウッド映画のCG作成依頼が増えており、スタッフが多忙となっている
・サウンダリヤが、他のタミル映画のプロデュースに関わっており、
 現在は2010年ポンガル(1月14日)公開の新作【ゴア】の
 プロデュースで忙しい。
・タミル初の本格的長編フル3Dアニメ、ということで
 より完成度を高めるため、当初予定より細かい作業を行っている

なお、当初は日本語を含む18言語での公開が予定されていましたが、
負担軽減のため、最終的には6言語ほどに絞られる見込みです。


▲ラジニ様長女・サウンダリヤ・ラジニカーント。オーチャー・スタジオ社代表。
 【ィエンディラン】のCG制作も任されており、多忙な日々。



インド自体は、急速な経済発展や欧米化によって
ここ1年でも大きく変化を遂げています。
映画の世界も例外ではなく、都市部映画館のシネコン化によって
ハリウッド映画の公開も多くなったことや、
衛星放送の普及、映画以外の娯楽施設オープンなどにより
タミル映画の興行収入・観客動員数は伸び悩んでいます。

また、若い世代では特定の俳優を熱狂的に応援したりすることなく、
特にヒーローがいない、日常生活をベースとしたテレビドラマ的映画が
人気を集めるようになりました。
これまでのインド映画の「定番」とも言える
人間離れしたヒーローが主役で、勧善懲悪・喜怒哀楽が全て詰まったマサラ映画、
という作品では、だんだんとヒットが難しくなっています。

しかし、そんな中でも
ラジニ様自身の地位・人気は、1年前と全く変わっておりません。
他の俳優であれば、典型的な「マサラ映画」は人気が下降線であったとしても
主役がラジニ様であれば話は別です。
タミルの人々は現在、↑の2作品の公開を心待ちにしていて、
おそらく全員、ラジニ様がスーパーヒーローになる映画を期待しているのです。

時代は変化しようとも、変わらず人々に愛され続けるラジニ様。
一部の人々からは
「インド最後の、老若男女全てに愛されるスーパースター」
になるのではないか、と言われています。
| 現地(インド)発・一般情報 | 22:00 | - | - | - | - |
★ミスワールド・プリヤンカチョプラ、ラジニ様との共演を熱望

▲先日、日本でも公開された【ドン〜過去を忘れた男〜】にも出演していた
 2000年度のミスワールド、プリヤンカチョプラ。


スイスの高級腕時計「タグ・ホイヤー」のイメージキャラクターで、
現在はヒンディ映画で大活躍しているプリヤンカ=チョプラが、
同ブランドの新作発表会に出席するためチェンナイを訪れ
記者のインタビューに答えました。

その中でプリヤンカチョプラは、映画「007」への出演が噂されていることについて
「(ジェームズ・ボンド役の)ダニエル・クレイグと共演できるのは
 とても魅力的な話だと思うけど、私はどちらかというと
 ラジニカーントと共演できるほうがうれしいわ。」と発言、
ラジニ様との共演を望んでいることを明らかにしました。

チェンナイでの発表会、ということで
多少のリップサービス、という面もあるとは思いますが
元々彼女はタミル映画(=2002年公開のビジャイ主演【タミラン】)で
銀幕デビューを果たしていることから、タミル映画への思い入れは強いことも
充分考えられます。

アイシュワリヤライの【ィエンディラン】出演も
過去にこういった話が何度かあって実現に結びつきましたので、
今後、もしかするとラジニ様=プリヤンカチョプラの共演の話が
進展することもあり得るかもしれません。


▲【クセーラン】のミュージックシーンでラジニ様が乗っている車のナンバーは
 「007」。これもダニエル・クレイグへの対抗心の表れか?


※参考記事・・・「プリヤンカーは007よりラジニカーントがお気に入り
          (「VOICE OF INDIA」のページ)
| 現地(インド)発・一般情報 | 22:39 | - | - | - | - |
★ラージTV、ラジニ様誕生日当日は【アンナーマライ】を放送


先週のラジニjpニュース
★ラージTV、ラジニ様誕生日を記念して毎日ラジニ映画放送中
の項目でお伝えしていましたとおり、現地衛星テレビ局ラージTVで
「ラジニ様誕生日記念・毎日ラジニ映画特別放送」が2週間にわたって
組まれていますが、今週金曜日までの放送予定が発表になりました。

▼平日(月〜金)昼13時30分〜「タミル映画」枠
・8日(月)【エッラーム エン カイラシ(Ellam En Kairasi
)】
・9日(火)【ウンカンニル ニール ワリンダル(Unkannil Neer Vazhinthal)】
・10日(水)【ジョニー(Johnny)】
・11日(木)【ヴィートゥク オル ナッラヴァン(Veetkku Oru Nallavan )】
・12日(金)【アンナーマライ(Annamalai)】

注目のラジニ様誕生日当日は、【アンナーマライ】が放送されることになりました。
一文無しのドン底から超大金持ちになるサクセスストーリーは
「ラジニ映画の決定版」と呼べるもので、
ラジニ様誕生日をお祝いするのに、ふさわしい作品と言えるでしょう。


▲【アンナーマライ】は【バーシャ】や【ヴィーラ】と同じ
 スレイシュ・クリシュナ監督の作品。
 この3作品は、コメディアンのジャナカラージが
 面白くかつシブい演技を披露しているのも共通です。 
| 現地(インド)発・一般情報 | 21:46 | - | - | - | - |
★ラジニ様、今年の誕生日は派手に祝わないようファンに要請

▲ラジニ様誕生日の直近日曜日に、チェンナイ・セントトーマスマウントにて
 ラジニファンクラブによる献血会を開催


11月1日に、タミル俳優協会の主催で開催された
スリランカ在住タミル人の殺害に抗議する断食集会」において
力強く、かつ誰をも傷つけないスピーチを披露し賞賛を浴びたラジニ様が、
「多くの同胞(タミル人)が傷つけられている状態では、
 なるべく派手な祝賀活動をすることは控えたい。」
との姿勢を明らかにし、
今年の自身の誕生日は、派手に祝わないようファンたちに要請しました。

11月に誕生日を迎えたタミル大俳優でラジニ様の親友、カマラハッサンも
同様のコメントを発表しており、ラジニ様はこれにならった形です。
ただ、ラジニ様本人としては、もともと自身のことで
派手に何かをされることは好んでいないスタンスのため、
今回の要請は、ご本人直接のコメントではない可能性もあります。

これを受け、現地ラジニファンクラブ(ネット版)では
祝賀行事は中止し、誕生日に一番近い日曜日・12月14日に
チェンナイ市内のセントトーマスマウントにある病院にて
社会奉仕事業として「献血集会」を行うことを決定、
メンバーに通知しました。
また他のファンクラブや地方支部においても、
貧しい人たちへの食料配布や、孤児院の子供達への制服・お菓子提供など
社会奉仕活動が行われる予定になっています。


▲当サイトでも毎年「ラジニ様誕生日パーティー」を開催していましたが、
 今年は開催しないことにいたしました。
 当日はラジニ様の健康&ご活躍を祈りつつ、
 ”身近なボランティア”献血に行きましょう。
| 現地(インド)発・一般情報 | 16:29 | - | - | - | - |
★ラージTV、ラジニ様誕生日を記念して毎日ラジニ映画放送中


タミル語衛星放送局「ラージテレビ(RajTV)」では、
12月12日の「ラジニ様誕生日」を記念して
12月1日から毎日、ラジニ映画の特別放映を実施しています。

ラジニ様誕生日については、スリランカでのタミル人殺害問題への抗議の一環として
派手に祝賀することを自粛する雰囲気となっているため、
例年に比べればメディア関係も比較的静かなムードとなっていますが、
ラージTVはいつもどおり、特番の放送を実施することになったようです。

現在発表されている放送スケジュールは、以下のとおりです。

▼平日(月〜金)昼13時30分〜「タミル映画」枠
・1日(月)【パンディヤン(Pandiyan)】
・2日(火)【タイ ミートゥ サティヤム(Thai Meethu Sathyam)】
・3日(水)【ナーン マーハン アッラ(Naan Mahan Alla)】
・4日(木)【ラジャティ ラジャ(Rajathi Raja)】
・5日(金)【スリ ラーガヴェンドラ(Sri Ragavendra)】

▼土曜 昼12時30分〜「マチネースペシャル」枠
・6日(土)【グル シシャン(Guru Sishyan)】

▼日曜 昼12時30分〜「サンデー・ファミリームービー」枠
・7日(日)【ポッラータヴァン(Pollathavan)】

▼日曜 夕方16時〜「サンデー・メガムービー」枠
・7日(日)【ダルマドゥライ 踊る鋼の男(Dharmadurai)】

※時間はインドの現地時間です。

8日以降も(14日の日曜まで)スペシャル放送が継続される見込みです。
また、12日の誕生日当日と14日の日曜日には、
ラージTV以外の衛星チャンネルも、ラジニ映画または
ラジニ様に関連した内容の特別番組が放送されるものと思われます。


▲最も視聴率が良い日曜夕方の「サンデー・メガムービー」枠では、
 日本語版DVDでもおなじみの【ダルマドゥライ 踊る鋼の男】を放映
| 現地(インド)発・一般情報 | 00:00 | - | - | - | - |
★メガスター・チル様、ラジニ様に政界入りを勧める

▲アーンドラプラデシュ州・テルグ語映画のメガスター、チランジーヴィー。
 アーンドラプラデシュ州はタミルナドゥ州の北に位置し、
 チランジーヴィー(チル様)は、ラジニ様同様州内で絶大な人気があります。
 ラジニ様とチル様は友人で、共演作もあります。


今年8月に政党「プラジャ・ラジヤム(ఫ్రజా రాజ్యం)」を立ち上げ
政界入りしたテルグ映画のメガスター・チル様が
CNN−IBNテレビのインタビューで
ラジニ様に政界入りのラブコールを送りました。

●チル様のインタビュー映像(CNN−IBNのサイトより)

インタビューでチル様は
「彼(ラジニ様)は政治の世界に入るべきだと思います。
 彼にはそれほどのカリスマがあります。」
「これまでにも彼と共同でいろいろな問題を解決してきました。
 彼が政界入りすれば、より強固な関係が築けます。」
と述べ、ラジニ様に対して政界入りするよう強く勧めました。
またチル様は、以前にラジニ様から
「60歳になったら政治の世界に入る。それが正しい時だ。」
と伝えられたことを明らかにしました。

ラジニ様は、先日開催されたファンとの交流集会
【ィエンディラン】撮影を優先するものの、その後については
「神様が私を(政治の世界に)必要とするなら、それに従います。」
と発言されており、チル様のインタビュー内容と合致します。
それまではファンに対し静観して待つよう要請していて、
ラジニ様の名を政治活動に利用することや、勝手に政党を立ち上げる行為に対しては
訴訟を起こす可能性があることをメディア各社に伝えました。
このアクションが、ラジニ様政界入りの下準備第一歩、という見方もあります。

チル様は次回選挙で自身に投票するよう呼びかけており、
近い将来、チル様・ラジニ様が南インドのCM(=州首相)に
揃って就任する日が訪れることも、夢ではなくなってきました。


▲8月26日に開催されたチル様の政党結成式典。
 会場に入りきらない観衆が押しかけ、
 政党名・政党旗発表まで、熱狂と興奮は数時間続きました。
| 現地(インド)発・一般情報 | 00:00 | - | - | - | - |