SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ラジニ★jpニュース

南インド・タミルナドゥ州のスーパースター「ラジニカーント」に関する最新ニュース
<< ★【ィエンディラン】”撮影は90%完了”監督が語る | main | ★ラジニ様還暦記念ロードショー、東京で開催 >>
★【シヴァージ】ヒンディー語版公開

▲ヒンディー語版【シヴァージ ザ・ボス】の音楽CD。
 ソニーミュージックよりリリースされ、パッケージには
 【スラムドック$ミリオネア】でオスカー受賞のARラフマーン作曲
 と書かれたシールが貼り付けられています。


2007年に公開され大ヒットした
【シヴァージ ザ・ボス】のヒンディー語吹き替え版が完成し、
1月8日から、ムンバイをはじめ北インドのヒンディー語圏各都市にて
上映がスタートしている模様です。
(各地の上映開始日詳細については只今情報確認中です)

2007年公開当時には、映画館に
ムンバイ在住のタミル人が押し寄せたのはもちろん、
タミル語が話せない(つまり映画のセリフが全く聞き取れない)
ヒンディー語圏の観客も多数詰め掛け、タミルナドゥ州以外でも
ラジニ様の影響力の大きさを窺い知ることができました。

すでにこの作品は、英語字幕付きのDVDやVCDが発売済みで
北インドの方々も(英語字幕で)楽しんだ方が多いでしょうから、
今ヒンディー語版が公開されても、大フィーバーになる
ということはさすがにないと思われます。
しかしながら、このリリースのために
音楽もヒンディー語版CDが新たにリリースされるなど
旧作としてはかなり気合の入ったプロモーションが行われており、
どれだけタミル人以外の観客が集まるか、注目されます。

また【シヴァージ】には途中、
「アティラディ♪」のミュージックシーンの前に、
「ラジニ様が過去の大スターのモノマネをする」というシーンがあります。
タミル語版では、MGR・シヴァージガネーサン・カマルハッサンの3人、
テルグ語版では、NTR・ANR・チランジーヴィーの3人、
それぞれラジニ様がモノマネをして、そのスターが踊っていた音楽にあわせ
ダンスを披露しているのですが、ヒンディー語版では
いったい誰のマネをしているのか?という点も注目されます。
流れとしては、アミターブバッチャン/シャールクカーンなどが
考えられますが、そこまでの撮影を行っていたのか、気になるところです。


▲タミル語版では、MGR主演作【ヴァサンダ・マリガイ】の
 ミュージックシーン等をモノマネしていたラジニ様


ヒンディー語版【シヴァージ】音楽視聴
| シヴァージ ザ・ボス (Sivaji The Boss) | 22:26 | - | - | - | - |