SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ラジニ★jpニュース

南インド・タミルナドゥ州のスーパースター「ラジニカーント」に関する最新ニュース
<< 【クセーラン】音楽CD発売開始!公開は7月25日 | main | 【ィエンディラン】ペルーでの1曲目の撮影終了 >>
★ラジニ様最新作【ィエンディラン】撮影開始!


シャンカール監督・ARラフマーン作曲
ラジニ様主演の最新作
【ィエンディラン(Endhiran)】(=【ロボー(Robot)】から改称)
の撮影が、9月8日からアメリカでスタートしました!

【ィエンディラン(Endhiran)】は、タミル語で「機械人・人造人間」の意。
タミルナドゥ州では、映画に英語のタイトルを付けると課税されるため、
当初の「ロボット」からこのタイトルに変更されました。
シャンカール監督はこれより前、ヒンディー映画のトップスター
シャールクカーン主演でこの作品を撮影することを決定し、
サインまで交わしたのですが、撮影開始前に何らかの理由で取りやめとなった
経緯があります。

ラジニ様はこの映画で、人間(科学者)とロボットの2役を演じます。
おそらく、かなりのCGや特殊技術が使われるものと予想され、
それらの技術に長けた海外の多くの会社も、この作品の制作に絡んでいます。

CGや特殊メイクは、
アメリカの「スタン・ウィンストン・スタジオ(Stan Winston Studio)」が担当。
このスタジオは【ジュラッシックパーク】【ターミネーター】などを手掛けた
ハリウッド随一の会社です。
特殊な衣装のデザインは、メアリー・E・ヴォグトが担当。
この方は、【メン・イン・ブラック】や【マスク2】の衣装デザインで有名です。
特殊なアクションは、袁和平(ユェン・ウーピン)が指導。
武術指導家で、香港映画【酔拳】【燃えよデブゴン7】などを担当、
あの【マトリックス】や【キルビル】のアクション監督も担当しています。

これら海外の人物・会社に加え、
インド側も最高のスタッフが名を連ねています。

CGは、ラジニ様の次女・サウンダリヤラジニ様の会社
「オーチャースタジオ」も担当することが予想されます。
通常のインド衣装は、【シヴァージ】と同様、マニッシュ・マルホトラが担当。
(この方も、主にヒンディー映画で活躍するインド映画界のトップ衣装デザイナーです。)
ダンスの振り付けは、ラジュースンダラム、
作曲はARラフマーン、作詞はヴァイラムットゥとPA.ヴィジャイ・・
といった具合に、タミル映画最高峰の方々ばかりです。

おそらくこの映画は、【シヴァージ】をも超えるスケールを持つとともに
強烈なスパイスとして、ハリウッドの技術もふんだんに取り込まれた
物凄い作品になることは、間違いなさそうです。


▲早くもチェンナイなどの街中では
 【ィエンディラン】のポスターが大量に貼られています。


▼【ィエンディラン ザ・ロボー (Endhiran The Robot)】
・主演:スーパースター ラジニカーント
    アイシュワリヤ ライ バッチャン
・監督:シャンカール(【シヴァージ】【ジーンズ】などの監督)
・作曲:ARラフマーン(【シヴァージ】【ムトゥ】【パダヤッパ】など)
・作詞:ヴァイラムットゥ(ラジニ映画も多数作詞。タミル最高の詩人)/
    PAヴィジャイ
・脚本:スジャータ
   (【シヴァージ】でも脚本担当。本作もほとんどを担当するが先日死去される)/
    バラクマラン/シャンカール
・振付:ラジュースンダラム
・編集:アントニー
・配給:アインガラン インターナショナル/エロス エンターテイメント
・公開日:未定(一部情報では2010年4月14日)
| ィエンディラン(Endhiran/Enthiran) | 23:27 | - | - | - | - |