SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ラジニ★jpニュース

南インド・タミルナドゥ州のスーパースター「ラジニカーント」に関する最新ニュース
<< ★メガスター・チル様、ラジニ様に政界入りを勧める | main | ★ディーパーヴァリに放送された【チャンドラムキ】高視聴率を記録 >>
★ラジニ様【スルタン】映像取り込み撮影のためハイデラバードへ


全編ラジニ様のCGが主演の3Dアニメ映画
【スルタン・ザ・ウォリヤー】は、前半部分がほぼ完成し
今週より後半部分の制作が開始されています。

11月3日(月)にファンとの交流集会を成功させたラジニ様は、
5日(水)よりハイデラバードに移動し、
3Dアニメを制作するための映像撮影を行っている模様です。
(映画は全編コンピーターグラフィックスの3Dアニメですが、
 本物のラジニ様の動きをスキャンして制作されているため、
 撮影が必要になります。)

この作品の制作を担当しているオーチャー・スタジオ(Ocher Studios)は、
最近のラジニ様主演映画【チャンドラムキ】【シヴァージ】の
CG映像・新スーパースターロゴなどを含め、
【スルタン】の他にも様々な映画・テレビCMなどの映像制作を手がけており、
昨年4月には、米・ワーナーブラザーズ社と
複数本の映画を共同製作する契約を交わしています。


オーチャー・スタジオ(Ocher Studios)は、ラジニ様の次女
 サウンダリヤ=ラジニカーントが代表。


【スルタン】は、同社初のフル規格作品となり
同時に南インド初の本格的3Dアニメ映画となります。
(これまでにも小規模な作品は南インドでも制作されていますが、
 ピクサー・ドリームワークス並の作品はこれが初めてです。
 制作費は6億ルピー(約12億円)。)

音楽はARラフマーン、美術監督にトッタタラニなど
【シヴァージ】と同様に一流スタッフを起用、
配給もインド最大級の映画会社アドラブス社が担当し、
タミル語・ヒンディー語・英語を含め、16種類の言語で公開されます。
(そのうちの1つが日本語である、と発表されています。)
公開時期は未定ですが、2009年のポンガル(1月14日)
というのが有力です。


●【スルタン】予告編→パート1パート2
| スルタン(Sultan - the Warrior) | 03:59 | - | - | - | - |