SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ラジニ★jpニュース

南インド・タミルナドゥ州のスーパースター「ラジニカーント」に関する最新ニュース
★【チャンドラムキ】関西版チラシ配布開始!

▲赤枠内が、関西上映案内部分。それ以外は関東版と同じ。
 京都・大阪・神戸、3箇所の上映日程が記載されています。
 (クリックすると拡大画像を表示します)


関東上映でも配布されていた
【ラジニカーント★チャンドラムキ 踊る!アメリカ帰りのゴーストバスター】
チラシの関西バージョンがこのほど印刷完了し、
劇場などで配布が開始されています。

関西版チラシでは、
「京都みなみ会館」「大阪シネフェスタ」「神戸アートビレッジセンター」の、
3劇場公開分がまとめて記載されています。

また、京都でのラジニ映画5作品上映イベントの正式名称は
「<チャンドラムキ>公開記念
 ラジニ祭り! 踊る!兄貴祭りin京都」に、
10月7日深夜〜8日早朝の「オールナイトイベント」は、
<ラジニカーント・ダブルマサラナイト>に
それぞれ決定しました。
| チャンドラムキ(Chandramukhi) | 01:35 | - | trackbacks(0) | - | - |
★ぴあ・映画満足度調査で【チャンドラムキ】5位に


映画情報などを掲載している雑誌「ぴあ」で
毎週実施されている「映画満足度調査」。
その、8月26日(土)公開分ランキングで
【チャンドラムキ】が、【UDON】などの大手映画作品と互角、
またはそれを追い越す86.6点(満点100点)を獲得し、
見事「第5位」にランクインしました。

関東版の「ぴあ」では、9月7日号(8月31日発売分)に、
関西版の「ぴあ」では、9月21日号(9月7日発売分)に、
それぞれ掲載されています。
| チャンドラムキ(Chandramukhi) | 22:19 | - | trackbacks(0) | - | - |
★【チャンドラムキ】現地500日上映達成!

▲【チャンドラムキ】500日上映を祝う看板

2005年4月14日(タミル新年)から
上映がスタートした【チャンドラムキ】は、
ついに「500日連続上映」のタミル映画新記録(※)を更新。
さらなる記録更新に向け、上映が継続しています。

全世界200を超える映画館で上映がスタートし、
上映開始3日間の興行収入がタミル映画過去最高を記録、
57劇場で200日連続上映を達成。
さらに7劇場で300日上映を記録した後も、
【チャンドラムキ】上映スタート式典が開かれた
チェンナイの「シャンティシアター」は上映を継続。
ついに「500日上映」の前人未到記録を達成しました。

さすがに現在は、正午からの1日1回上映に短縮されており
上映自体が「記録を狙ったもの」とも言えなくはないですが、
違法VCDなどの影響で、100日連続上映も難しくなっている昨今、
これだけの記録を打ち立てるのは
ラジニ様以外には誰もいない、と断言できるでしょう。

大きなセレモニー等は行われませんでしたが、
先日当ニュースにも記載したとおり
「500日上映達成」と同時に「日本での公開がスタート」した
というニュースが、現地サイトなどの一部で
大きく報じられています。


▲【チャンドラムキ】500日上映達成を祝う新聞広告

※連続上映日数記録
 =これまでのラジニ映画での記録は、チェンナイの映画館では
  【パダヤッパ】の連続240日。
  チェンナイ以外では、コインバートルにて
  【バーシャ】が368日連続上映されています。
  日本では【ムトゥ 踊るマハラジャ】の、
  連続163日間上映(渋谷・シネマライズ)が最長記録となっています。
| チャンドラムキ(Chandramukhi) | 02:37 | - | trackbacks(0) | - | - |
★【チャンドラムキ】東京上映スタート!
チャンドラムキ渋谷

ラジニ様主演最新作【チャンドラムキ】
(日本での正式タイトルは
 【ラジニカーント★チャンドラムキ
  踊る!アメリカ帰りのゴーストバスター】)
の公開が、8月26日(土)東京・渋谷の
「シアターイメージフォーラム」で、いよいよスタート!
9月22日(金)までの約1ヶ月間、上映が継続されます。

初日となるこの日には、初回開始時刻正午の前から
たくさんのラジニファンが集結。
30分前には、すでに「満席」が確定し「立ち見」も出ました。
当日の詳細なレポートは
ラジニ映画鑑賞記録」のページの、8月26日分
ご覧ください。

新しいロードショーとしては約5年ぶり、
イベント上映も含めると約3年ぶりとなるラジニ映画上映、
長いブランクがあったにもかかわらず
「満員」の状態からスタートしたことは、
まずは、さいさきの良いスタートを切ったと言えるでしょう。
| チャンドラムキ(Chandramukhi) | 12:00 | - | trackbacks(0) | - | - |
★【チャンドラムキ】日本スカイウェイに公式記事掲載
日本スカイウェイ
▲画像をクリックすると公式サイトにジャンプします。

ラジニ映画の配給会社
「日本スカイウェイ」さんのホームページのトップが
いよいよ【チャンドラムキ】に変更、
公式サイトが完成しました。
同時に<踊る!兄貴祭り>のアナウンスもアップされています。
| チャンドラムキ(Chandramukhi) | 09:50 | - | trackbacks(0) | - | - |
★【チャンドラムキ】神戸での上映も確定!関西3都市で公開へ
関西3都市で上映決定

これまでに、東京→京都→大阪の順で
公開が決定していた【チャンドラムキ】ですが、
新たに「神戸アートビレッジセンター」での公開も確定しました。
これにより、【バーシャ!踊る夕陽のビッグボス】以来の
関西3都市でのラジニ映画上映が実現します。
(スケジュールや、【チャンドラムキ】以外の上映作品については
 今のところ未定です)

【チャンドラムキ】1曲目でラジニ様が
「サバーシ!(SUPERB!)」と叫ぶ場面は、
日本語で「最高だね!」という訳になっていますが、
関西のラジニファンにとって、まさに「最高だね!」な
ニュースとなりました。
| チャンドラムキ(Chandramukhi) | 16:15 | - | trackbacks(0) | - | - |
★【チャンドラムキ】マレーシアでの興行収入は1億6千万円超
ストレートタイムズ

【チャンドラムキ】は、インド国内だけでなく
オーストラリア・アメリカ・イギリスや、アジア各地域などでも
昨年中に公開されていますが、
その中でも、特にタミル人の居住比率が高い
マレーシア・シンガポールでの興行収入が
【パダヤッパ】をはるかに凌ぐ、記録的な数字になっている模様です。

8月1日付けのマレーシア有力新聞
ニュー・ストレート・タイムス」の記事によりますと、
2005年度のマレーシア国内映画ランキング
(ハリウッド映画や地元の映画も全て含めたランキング)で
【チャンドラムキ】が、【スターウオーズ エピソード3】に続き
6位に入る快挙を達成、
興行収入は146万USドル(約1億6千万円)を記録しました。

マレーシアでのタミル人比率は高いとは言え、
全人口の7%程度なので、映画ランキングで
タミル映画が入ることはこれまで皆無でした。
このことから、これまでインド映画に興味を持っていなかった
マレー系や中国系の住民も、少なからず
【チャンドラムキ】を鑑賞した、と言えます。
ラジニ映画のパワーがきっかけとなり、
アジア各国でタミル映画がヒットする日も
そう遠くないかもしれません。
| チャンドラムキ(Chandramukhi) | 16:47 | - | trackbacks(0) | - | - |
★【チャンドラムキ】役の「ジョティカ」が結婚
スーリヤとジョティカ
▲結婚が決まったスーリヤとジョティカ
 写真は映画【カッカ・カッカー】で共演したお2人。


かねてから「タミル映画界最大のワイドショーネタ」となっていた
大型カップルが、ついにゴールイン!です。

【チャンドラムキ】でラジニ様と共演、
見事シムランの代役(※↓)を果たしてガンガ役を熱演、
評価も急上昇している「ジョティカ」と、
タミル映画俳優でこちらも人気が上昇している「スーリヤ」が
9月11日に結婚することが明らかになりました。
ジョティカさんの公式HPなどには
すでにお祝いのメッセージが多数書き込まれています。

このお2人に関するゴシップはたいへん多く、
これまでにも似たようなニュースが流れたことがあったのですが
今回は厳格なことで知られるスーリヤのお父さん
シヴァクマール氏が公式に記者会見して発表しているので
間違いありません。

関係者のみが出席する結婚式は9月11日、
大勢の招待客が出席する披露宴は9月12日に
ラジニ様の娘さんの披露宴でも使われた
「マヨール・スリラマナダン・チェッティヤール・センター
 (Mayor Sri Ramanathan Chettiyar Centre)」
で行われます。
もちろん、ラジニ様の出席も予想されています。

9月11・12日は【チャンドラムキ】東京上映の真っ最中。
これで、「500日上映記録」に続いて
またしてもおめでたいニュースが、公開中に続くことになります。

※シムランの代役
 =当初、【チャンドラムキ】役には大物女優シムランが
  起用されていたのですが、彼女の妊娠が発覚。
  本人は撮影継続を希望したらしいのですが
  安全を考え、またストーリー内容のことも考慮し
  監督スタッフが交代を決定。
  急遽、古典舞踊に精通していないジョティカが代役に選ばれました。


・情報提供 チャンネルアジア旦さん
・参考サイト インディア・グリッツ
| チャンドラムキ(Chandramukhi) | 23:28 | - | trackbacks(0) | - | - |
★大阪・聖地「シネフェスタ」でも【チャンドラムキ】上映決定!
ラジニ三都物語

ラジニファンの古都の聖地「京都みなみ会館」に続いて、
浪速の聖地「動物園前シネフェスタ4」でも
【チャンドラムキ】の上映が決定しました!

上映時期は、京都【チャンドラムキ】終了後
10月上旬〜中旬が予想されます。

「シネフェスタ」での上映は、今回は劇場スケジュールの都合などで
かなり微妙な情勢だったのですが、
ここ最近のラジニファンの盛り上がりの大きさ(※)により、
上映が決定した模様です。

ただし、スケジュールの合間をぬってでの公開のため、
現在のところ「レイトショー」枠を使っての上映が、有力視されています。

※ラジニファンの盛り上がりの大きさ
 =東京での【チャンドラムキ】上映に関して
  最近まで劇場HPなどでアナウンスされていない状態だったにもかかわらず、
  前売券・定期券がすでにかなりの売れ行きになっていることや、
  ラジニ関連HPのアクセス数が、ここのところ上昇していることなどから考えて
  上映に対する期待の高さが感じられます。

  
| チャンドラムキ(Chandramukhi) | 01:35 | - | trackbacks(0) | - | - |
★【チャンドラムキ】東京公開スタートは現地公開「500日目」
チャンドラムキ公開365日記念
▲「【チャンドラムキ】公開365日突破記念」ポスター。
 (現地では、区切りの日付でいろいろな記念ポスターが製作され、
  街中などに貼り出されます。)


現地・タミルナドゥ州では、
ラジニ映画の中でも【チャンドラムキ】は空前の大ヒット、
2005年4月14日の公開開始から450日以上たった現在でも、
チェンナイ「シャンティシアター(※)」などで
公開が継続されています。

そしてついに、8月下旬には「公開継続500日」の
大記録が打ち立てられる見込みとなっています。
非公式ではありますが、この「500日」の大記録を持って
「シャンティシアター」での上映が終了するという情報もあります。

その記念すべき「現地公開500日」、にあたるのが
ちょうど8月27日、
つまり東京【チャンドラムキ】公開直後になります!

もし現地での公開が500日で終了したとすれば、
【チャンドラムキ】は、「タミルナドゥ州から日本に引き継がれた」
ということになり、非常に意義深くなります。
もし終了しなくとも、非常におめでたい大記録樹立とともに
東京での公開が行われることとなり、
ラジニ映画5本立ての「お祭り」に、さらに花を添えることになります。

チャンドラムキ公開365日記念
▲チャンドラムキ365日記念上映で大喜びのラジニファン。
 映画館内で全員踊ってます。


※シャンティシアター
 =チェンナイにある【チャンドラムキ】公開記念式典が行われた劇場。
  【チャンドラムキ】上映前に改装工事も行われました。
  現在「シャンティシアター」での上映は、正午からの1日1回のみとなっています
。 
| チャンドラムキ(Chandramukhi) | 23:50 | - | trackbacks(0) | - | - |