SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ラジニ★jpニュース

南インド・タミルナドゥ州のスーパースター「ラジニカーント」に関する最新ニュース
【シヴァージ】ナヤンタラ特別出演ミュージックシーンは超豪華に

▲【チャンドラムキ】4曲目のミュージックシーン
 「コンジョン・ネーラム(少しの時間)♪」で、
 ラジニ様とのデュエットダンスが印象的だったナヤンタラ嬢。
 分身ラジニ様とも共演。


【チャンドラムキ】のヒロイン(ドゥルガー役)を演じてから人気が急上昇し、
現在タミル映画のトップ女優の座に昇りつめたナヤンタラ。
その成功を祝す意味も兼ねて、彼女がラジニ様最新作【シヴァージ】に
ゲスト出演することが決まり、その撮影は順調に終了しました。

撮影が行われたのは、クライマックスシーンと同じく
マハーシュトラ州のプネーで、
ナヤンタラはミュージックシーンのうちの1曲でラジニ様と共演。
この撮影には、何とタミルナドゥから350名のダンサー、
そして現地で調達したエキストラ数百名が出演するという
壮大なものとなった、と伝えられています。

ナヤンタラは11月18日に誕生日を迎え、22歳に。
【シヴァージ】にも出演すれば、ますますハクがつき
タミルでのナヤンタラ人気は、一層高まることになりそうです。


▲最近のナヤンタラ嬢。ますますお若くなられている感じです。

※「ナヤンタラ(Nayantara または Nayanthara)」
 =1984年11月18日、ケララ州ティルヴァッラ生まれ。
  主にマラヤラム映画に出演した後、
  サラットクマール主演の【アイヤー】からタミル映画に活躍の場をシフト。
  次作【チャンドラムキ】でラジニ様と共演後に大ブレイクし、
  現在はタミル映画トップ女優の1人。
  2006年ディーパヴァリ公開の映画には役半数の作品に出演し、
  現在最も忙しい南インド女優と言われている。
  プライベートでは、「リトルスーパースター」こと
  シランバラサン(愛称:シンブ)との恋愛が知れ渡っており
  彼との共演作【ワッラバン】では、濃厚なキスシーンも披露していたが
  関係は終了してしまった模様。
| シヴァージ ザ・ボス (Sivaji The Boss) | 20:42 | - | trackbacks(0) | - | - |
★【シヴァージ】バッチャンは出演せず、シャンカール監督が明言
先日より、このページでもお伝えしてきました
「アミダーブバッチャン(愛称Big.B)【シヴァージ】へ出演か?」
の情報は、残念ながら誤報だったようです。

シャンカール監督が、雑誌のインタビュー記事で明らかにしたところによりますと
「私はアミダーブバッチャンへ出演オファーを行っていません。
 どこから弁護士役という話が出てきたのか、私もわかりません。」
と明言しています。
おそらく、【シヴァージ】がプネーで撮影されていた時
アミダーブバッチャンも何らかの予定でその方面に向かったため
噂が噂をよんだのでは?と推測されています。

また、ラグヴァラン(=【バーシャ!】の悪役・アントニー役の俳優)のゲスト出演については
「最近元気のない彼に、ラジニ様が気を遣って
 ゲスト出演の話を持ちかけたようです。」
と伝えられており、タミル総合雑誌「クムダン(Kumudam)」では
そのエピソードなどを交え「ラジニ様の優しい心」と題した
特集記事を掲載しています。


▲「クムダン」の特集記事では、ラグヴァランについてのエピソードの他、
 ラジニ様がスタントマンに優しい心遣いをする様子などを掲載。



▲かなり痩せてしまい、映画出演本数も減ってちょっと元気のないラグヴァラン。
 ラジニ様の心遣いによって復活なるか?
| シヴァージ ザ・ボス (Sivaji The Boss) | 22:04 | - | trackbacks(0) | - | - |
★【シヴァージ】プネーでの撮影は最終段階に
インド・マハーシュトラ州のプネーで行われている
【シヴァージ ザ・ボス(Sivaji the BOSS)】の撮影は
ミュージックシーンに続いてクライマックスシーンへと移行しています。
先日は、主人公シヴァージ(もちろんラジニ様)が苦境を乗り越え、
「シヴァージ大学」や「シヴァージ病院」などを
次々と建設していく場面の撮影が行われました。
撮影現場の様子は↓の「グーグルビデオ」をご覧ください。
http://video.google.fr/videoplay?docid=1976905169872293268&q=Sivaji
(▲主人公シヴァージが、ヒロインのパドミニ(シュリヤ)とともに
  シヴァージ大学のテープカットをする場面と思われます。
  2人の他に、ゲスト出演のラグヴァランと思われる人物も確認できます。)


この「シヴァージ大学」の建物は、
プネーにあるIT企業
「ペルシステント・システム社(Persistent Systems Private Limited)」の
オフィスビルが使われている模様です。
| シヴァージ ザ・ボス (Sivaji The Boss) | 14:08 | - | trackbacks(0) | - | - |
★【シヴァージ】監督やスタッフも特別出演?

▲【シヴァージ】の監督、シャンカール氏

近年のラジニ映画には、必ずと言っていいほど
監督が映画の中に「チョイ役」で出演しています。
【チャンドラムキ】では「リピート!」と叫ぶ1人目がP.ヴァース監督、
【パダヤッパ】では、娘のパーティーで酔っぱらったパダヤッパと
同じ服装で踊っているのがKSラヴィクマール監督・・
といった具合です。
新作【シヴァージ】では、監督のシャンカールは硬派でシャイなので
出演はないだろう、と噂されていたのですが
何とラジニ様本人が監督自身に出演を半ば強制、
スタッフ一同とともに「チョイ役」で出演することになった模様です。
しかし、他のスタッフの撮影は全て「一発OK」だったにもかかわらず、
シャンカール監督の場面だけは4回も撮り直した・・
という、やや笑えないエピソードも。
ちなみに、スタッフの中では、美術監督のトッタ・タラニ氏が
良い演技をしたと絶賛されています。


▲【チャンドラムキ】でも美術監督だったトッタ・タラニ氏は
 チャンドラムキとヴェッタイヤン王様について書かれた
 古い書物の「著作人」として、名前の「文字だけ」は映画出演していましたが
 ご本人の出演はこれが初めてではないでしょうか。


新作公開時は、劇中で監督やスタッフの姿をさがすのも
楽しみになりそうです。
| シヴァージ ザ・ボス (Sivaji The Boss) | 15:03 | - | trackbacks(0) | - | - |
★【シヴァージ】アミダーブバッチャンは出演?メディアで報道分かれる

▲過去、ヒンディー映画では共演したことのある
 タミル映画の王・ラジニ様とヒンディー映画の王・アミダーブバッチャン様
 (写真は【ハム(Hum)】より)


11月2日付の「ラジニ★jpニュース」で、
”【シヴァージ】にアミダーブバッチャン(愛称:BIG・B)は出演せず、
ラグヴァラン出演か?”
とお伝えしたのですが、その後一部のメディアではこの情報を覆し
「アミダーブバッチャンもラグヴァランも両方ゲスト出演」
と訂正報道しています。
その内容は、
アミダーブバッチャンはラジニ様の「弁護士役」で
出演時間は1分程度かそれより短く、撮影は短時間で終了した、
というものですが、これを否定しているメディアもあって
真相ははっきりしていません。

ラグヴァランの出演はどうやら確定的のようですので、
BIG・Bの出演情報を信じたとすると
これまでに判明した【シヴァージ】の主なゲスト出演メンバーは、
以下のとおりとなります。
・アミダーブバッチャン(BIG・B。ヒンディー映画のトップスター)
・ナヤンタラ(【チャンドラムキ】のドゥルガー役)
・ラグヴァラン(=【バーシャ!】のマーク・アントニー役)
・マリカシェラワト(=ヒンディー映画の女優兼モデルさん)
| シヴァージ ザ・ボス (Sivaji The Boss) | 15:05 | - | trackbacks(0) | - | - |
★【シヴァージ】に2つめの公式サイト?

▲新たに発見された【シヴァージ】の”自称”公式サイト

ラジニ様新作【シヴァージ ザ・ボス(Sivaji the BOSS)】の公式サイトは
http://www.sivajitheboss.com/
とお知らせしてきましたが、
このほど、これとは別の「新たな公式サイト」が発見されました。

「新たな公式サイト」のアドレスは
http://www.sivajithemovie.com/
で、すでにコンテンツの一部は閲覧できるようになっています。

ただし、内容は他のページなどから引用したものや
YouTUBEの動画なども使われていることから考えて
「自称」の公式サイト(つまりニセ公式サイト)である可能性が
高いと思われます。
各ページには広告が入っており、その広告収入が目的だと思いますが
これから【シヴァージ】のフィーバーがさらに高まることから
こういったサイトが増えていくことが予想されます。
| シヴァージ ザ・ボス (Sivaji The Boss) | 15:49 | - | trackbacks(0) | - | - |
★【シヴァージ】にラグヴァラン出演か?アミダーブ・バッチャンは出演せず
10月6日のニュースで
「ヒンディー映画のトップスター、アミダーブ・バッチャンが
新作【シヴァージ】に出演か?」
という情報をお伝えしましたが、どうやらいろいろな事情で
このお話はキャンセルとなってしまったようです。

その「代役」として、急浮上してきたのが
【バーシャ!】の悪役「マーク・アントニー」でお馴染みラグヴァラン氏。
ここのところ休養されていたこともあって、映画出演本数は少なくなっていますが
【バーシャ!】や【アルナーチャラム】でラジニ様と共演した実績が買われ、
再びラジニ映画に登場するのでは?という情報が
タミル映画情報サイトに一斉に掲載されてきています。

真偽のほどは確かではありませんが、
ラグヴァラン氏が撮影現場まで訪れているのは事実のようです。
今後の情報発表が待たれるところです。


▲【シヴァージ】出演が急遽浮上したラグヴァラン氏。
 今回は悪役ではなくラジニ様の「師匠役」として出演か?


| シヴァージ ザ・ボス (Sivaji The Boss) | 21:46 | - | trackbacks(0) | - | - |
★【シヴァージ】音楽シーンは7曲?日本撮影の噂続く

▲【シヴァージ】作曲は、【バーバー】【パダヤッパ】【ムトゥ】などでも
 作曲を担当したARラフマーン氏。


2007年4月の公開が予定されている
新作【シヴァージ ザ・ボス(SIVAJI the boss)】の
音楽シーンは全7曲で、このうち2曲は短い曲になり
残り5曲がメインのミュージックシーン、
という情報が入ってきました。
音楽CD/カセットにはこの5曲が収録され、
これまで通り、映画公開約1ヶ月前にリリースされる見込みです。

一時、「ラジニ様の登場曲」といえる1曲目の音楽
(「Va ji, Va ji, Sivaji…♪」という歌詞のようです)が
派手なミュージックシーンではなく
「【ヴィーラ】のように地味目の音楽になる」
といった情報もあったのですが、ここにきて
やはり1曲目は壮大な音楽、という情報も出てきて
真偽のほどははっきりしていません。

また、「Talla dimi takka dimi pucha..pyun pyun enna rastina..
ho ra ho yenna rastina.. hoo haa..♪」という歌詞の曲は
日本で撮影されるのでは?という噂が、今でも続いています。


▲作詞は、ARラフマーン氏との「黄金コンビ」である
 カヴィペーララス・ヴァイラムットゥ氏が担当。

 
| シヴァージ ザ・ボス (Sivaji The Boss) | 22:49 | - | trackbacks(0) | - | - |
★アミダーブバッチャンが【シヴァージ】に出演
2007年4月の「タミル新年」に公開が予定されている
ラジニ様最新作【シヴァージ ザ・ボス】に関連する
大きなニュースが、また飛び込んできました。

ヒンディー映画の「神様」、
”ビッグB”こと「アミダーブ・バッチャン」が、
【シヴァージ】に特別出演することが判明!
スーパースターであるラジニ様と
全インド最高峰のビッグ俳優バッチャン様の
タミル映画初共演実現に、現地ファンの間で大きな喜びが広がっています。


▲ヒンディー映画最新メガヒット作
 【カビ・アルヴィンダ・ナー・ケヘナ】では
 実の息子「アビシェーク・バッチャン」と共演。
 その存在感の大きさは、さすが全インドのトップスター。
 【カビ・アルヴィンダ・ナー・ケヘナ】は、
 【さよならは言わないで】という日本版タイトルで
 10月「東京国際映画祭」で、11月には大阪ABCホールで
 それぞれ上映されます。


アミダーブ・バッチャンは、ラジニ様の弁護士・師匠役で特別出演。
投獄されているラジニ様を励まし、カウンセリングする役を熱演した、
と報じられています。
撮影はチェンナイから50キロほど離れた
「チェンガルパットゥ」という町に作られた
刑務所のセットで行われた模様です。
おそらく出番は短いものと思われますが、このニュースが事実であれば
「【シヴァージ】は最高級の特別ゲストを手に入れた」として
シャンカール監督などのスタッフが大絶賛されることは間違いなさそうです。

※アミダーブ・バッチャン
 =インドには大きく分けただけでも地域によって20を超える言語があり、
  その言語別に「トップ映画スター」が存在します。
  タミル語映画(=コリウッド映画)のトップスターはラジニ様ですが、
  北インドのヒンディー語映画(=ボリウッド映画)のトップスターは
  間違いなくアミダーブ・バッチャンと言えるでしょう。
  ラジニ様もタミルナドゥ州の政界入りを常に噂されていますが、
  アミダーブ・バッチャンはすでに一度政界入りを果たし、
  現在は奥様のジャヤ・バッチャンが政界入りしています。
  息子のアビシェークも、現在は俳優として大活躍しています。

  
| シヴァージ ザ・ボス (Sivaji The Boss) | 00:57 | - | trackbacks(0) | - | - |
★【シヴァージ】撮影現場、一時大混乱に

▲一時混乱した【シヴァージ】逮捕場面の撮影現場

来年4月の公開に公開予想が変更となった
新作【シヴァージ ザ・ボス】ですが、
やはりまだ撮影が継続されています。

9月21日(木)、チェンナイ近郊のペランブールにある警察署で
ラジニ様が逮捕される場面の撮影が行われました。
この撮影には、もともと多数のエキストラがラジニ様の周りを
取り囲んでいましたが、
「ラジニ様の逮捕」が本当だと勘違いした一部ファンや、
ラジニ様を一目見ようとするファンや子供が撮影場所に殺到。
本物の警察官も出動する事態になってしまったようです。

ラジニ様の安全や、撮影自体には影響はなかったようですが、
現地での人気はものすごいだけに、
野外での撮影はいろいろと大変なようです。
| シヴァージ ザ・ボス (Sivaji The Boss) | 22:43 | - | trackbacks(0) | - | - |