SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ラジニ★jpニュース

南インド・タミルナドゥ州のスーパースター「ラジニカーント」に関する最新ニュース
★【ィエンディラン】撮影はディーパーヴァリ期間お休み

▲雑誌に掲載された【ィエンディラン】ゴアでの撮影風景

南米ペルーやアメリカでの撮影後、
インド南西部の都市ゴアに移動していた【ィエンディラン】撮影チームは、
無事スケジュールをこなし、現在ディーパーヴァリの一時休暇中です。

撮影は11月初旬頃から再開される見込みですが、
ラジニ様が11月初旬に開催される予定の
「タミル俳優協会主催・抗議断食集会」に参加することも考えられる為、
11月中旬以降になることも考えられます。

次の撮影地の情報は、まだ入っていません。
| ィエンディラン(Endhiran/Enthiran) | 21:45 | - | - | - | - |
★【ィエンディラン】撮影はゴアへ

▲タイムズオブインディア紙のゴア版に掲載された
 【ィエンディラン】ゴアでの撮影風景。


9月からアメリカ・ペルーなどで撮影が開始された
【ィエンディラン ザ・ロボー(Endhiran The Robot)】。
撮影第2クールとして、スタッフ・出演者はインド南西部の都市ゴアに移動。
10月7日から、約3週間の日程で
ゴアでの撮影が行われています。

ここではミュージックシーンではなく、
ストーリー部分とアクションシーンの一部が撮影されるとの情報がありますが、
定かではありません。


▲撮影の合間に扇風機で涼を取るラジニ様。
| ィエンディラン(Endhiran/Enthiran) | 00:00 | - | - | - | - |
★アイシュワリヤライ、ラジニ様について語る

▲ペルー・マチュピチュで撮影された【ィエンディラン】の
 ミュージックシーンに出演する元ミスワールド・アイシュワリヤライ


【ィエンディラン】でラジニ様と共演する
ボリウッド映画最高峰女優のアイシュワリヤライ・バッチャンが
NDTVのインタビューに答え、
新作やラジニ様について語りました。

http://www.ndtv.com/convergence/ndtv/videopod/default.aspx?id=40438
▲インタビューの一部の映像はURLをクリックするとご覧いただけます

【ィエンディラン】の出演を決めたのは
「ラジニ様と共演するのが夢だったから」に加えて
「脚本が素晴らしかった」というのが理由で、
シャンカール監督作品に出演するのは【ジーンズ】以来10年ぶりとなりますが
今でもその信頼関係は続いているそうです。

またラジニ様については、
「非常にワンダフルな人。かつシンプル(派手じゃない)。」
と答え、ラジニ様の「人間的素晴らしさ」を称えています。

今後は、ラジニ映画【ダラパティ・踊るゴッドファーザー】の監督でもある
マニラトナム氏の映画にも夫婦そろって出演する予定になっており
しばらく【ィエンディラン】との掛け持ち撮影、という
多忙なスケジュールとなる見込みです。


▲インド版「ヴォーグ」誌創刊1周年記念号の表紙を飾った
 アイシュワリヤライ
| ィエンディラン(Endhiran/Enthiran) | 20:57 | - | - | - | - |
★【ィエンディラン】撮影開始を記念して社会奉仕活動実施

▲ラジニ様ポスターの前で、体に障害を持った子供たちが
 ファンクラブから振舞われたごちそうを美味しそうに食べています。


現地ラジニファンクラブは、社会奉仕活動に積極的なラジニ様に賛同し、
ファンクラブ自体も貧しい人たちへの支援活動などを実施しています。
社会奉仕活動を行うのは、ラジニ様のファンクラブに限ったことではなく、
南インドの映画俳優ファンクラブに共通していることではありますが、
特にラジニファンクラブは積極的に活動しています。

今回【ィエンディラン】の撮影開始を記念して
献血活動や、貧しい人たちへの食料配布、
体に障害を持った子供たちへの食事支給などが各地で実施されました。
ファンクラブのメンバーは
「【クセーラン】の失敗は残念だったけど、大型作【ロボー(=ィエンディラン)】に
 再びラジニ様が出演すると聞いて本当に嬉しい。
 この喜びを分かち合いたいので、貧しい人たちに食料の配布をしています。」
と語り、早くも次回作の公開が待ちきれない、といった様子です。


▲この他にも、ラジニ様関係の嬉しいニュースがあった時などに、
 ラジニ映画を無料で鑑賞してもらう会なども催されています。
 画像は、孤児院の子供達向けに開催された「【アンナマライ】鑑賞会」。
 子供達はみんなラジニ映画が大好きです。

| ィエンディラン(Endhiran/Enthiran) | 21:25 | - | - | - | - |
【ィエンディラン】ペルーでの1曲目の撮影終了


ラジニ様主演最新作、元ミスワールド・アイシュワリヤライさん共演の
【ィエンディラン ザ・ロボー(Endhiran The Robot)】の撮影は
順調に進んでおり、9月8日の撮影開始から約1週間で
1曲目の撮影が完了しました。
(※1曲目というのは、撮影順のことで
 映画本編の1曲目になるかどうかは不明です。)

今回撮影が完了したてシーンは、南米・ペルー共和国にある世界遺産
「マチュピチュ」で主に撮影が行われており、
ラジニ様・アイシュワリヤライさんの2人が共演。
民族衣装を着けた約100名のバックダンサーとともに、
サルサダンスをアレンジした踊りを披露した、
と報じられています。

ラジニ様は、2005年公開の【チャンドラムキ】でも
トルコにある世界遺産「カッパドキア」で踊っており、
それに続いて再び世界遺産の地でロケを行ったことになります。

撮影は「マチュピチュ」にプラスして、ペルーの他の景勝地や
ブラジルでも撮影が行われた、という情報もあり、
また、次の2曲目の撮影地がアルゼンチンまたはハワイと
報じられていますが、どちらの情報も定かではありません。

シャンカール監督作品でアイシュワリヤライさん出演と言えば
まず【ジーンズ】を思い出しますが、まさにその作品のように
世界のいろいろなところで撮影が行われることになりそうです。


▲撮影が完了した1曲目のミュージックシーン。
 後の石段が「マチュピチュ」での撮影を物語っています。



| ィエンディラン(Endhiran/Enthiran) | 22:43 | - | - | - | - |
★ラジニ様最新作【ィエンディラン】撮影開始!


シャンカール監督・ARラフマーン作曲
ラジニ様主演の最新作
【ィエンディラン(Endhiran)】(=【ロボー(Robot)】から改称)
の撮影が、9月8日からアメリカでスタートしました!

【ィエンディラン(Endhiran)】は、タミル語で「機械人・人造人間」の意。
タミルナドゥ州では、映画に英語のタイトルを付けると課税されるため、
当初の「ロボット」からこのタイトルに変更されました。
シャンカール監督はこれより前、ヒンディー映画のトップスター
シャールクカーン主演でこの作品を撮影することを決定し、
サインまで交わしたのですが、撮影開始前に何らかの理由で取りやめとなった
経緯があります。

ラジニ様はこの映画で、人間(科学者)とロボットの2役を演じます。
おそらく、かなりのCGや特殊技術が使われるものと予想され、
それらの技術に長けた海外の多くの会社も、この作品の制作に絡んでいます。

CGや特殊メイクは、
アメリカの「スタン・ウィンストン・スタジオ(Stan Winston Studio)」が担当。
このスタジオは【ジュラッシックパーク】【ターミネーター】などを手掛けた
ハリウッド随一の会社です。
特殊な衣装のデザインは、メアリー・E・ヴォグトが担当。
この方は、【メン・イン・ブラック】や【マスク2】の衣装デザインで有名です。
特殊なアクションは、袁和平(ユェン・ウーピン)が指導。
武術指導家で、香港映画【酔拳】【燃えよデブゴン7】などを担当、
あの【マトリックス】や【キルビル】のアクション監督も担当しています。

これら海外の人物・会社に加え、
インド側も最高のスタッフが名を連ねています。

CGは、ラジニ様の次女・サウンダリヤラジニ様の会社
「オーチャースタジオ」も担当することが予想されます。
通常のインド衣装は、【シヴァージ】と同様、マニッシュ・マルホトラが担当。
(この方も、主にヒンディー映画で活躍するインド映画界のトップ衣装デザイナーです。)
ダンスの振り付けは、ラジュースンダラム、
作曲はARラフマーン、作詞はヴァイラムットゥとPA.ヴィジャイ・・
といった具合に、タミル映画最高峰の方々ばかりです。

おそらくこの映画は、【シヴァージ】をも超えるスケールを持つとともに
強烈なスパイスとして、ハリウッドの技術もふんだんに取り込まれた
物凄い作品になることは、間違いなさそうです。


▲早くもチェンナイなどの街中では
 【ィエンディラン】のポスターが大量に貼られています。


▼【ィエンディラン ザ・ロボー (Endhiran The Robot)】
・主演:スーパースター ラジニカーント
    アイシュワリヤ ライ バッチャン
・監督:シャンカール(【シヴァージ】【ジーンズ】などの監督)
・作曲:ARラフマーン(【シヴァージ】【ムトゥ】【パダヤッパ】など)
・作詞:ヴァイラムットゥ(ラジニ映画も多数作詞。タミル最高の詩人)/
    PAヴィジャイ
・脚本:スジャータ
   (【シヴァージ】でも脚本担当。本作もほとんどを担当するが先日死去される)/
    バラクマラン/シャンカール
・振付:ラジュースンダラム
・編集:アントニー
・配給:アインガラン インターナショナル/エロス エンターテイメント
・公開日:未定(一部情報では2010年4月14日)
| ィエンディラン(Endhiran/Enthiran) | 23:27 | - | - | - | - |